中日ドラゴンズアンテナ

【東スポ】中日・根尾に「外野専任」のススメ

2019年11月20日 20:17

[なんじぇいスタジアム@なんJまとめ - 中日ドラゴンズ]

この記事を見る

抜粋

転載元: http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1574236027/

20191120-00000025-tospoweb-000-2-view

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/11/20(水) 16:47:07.43 ID:ok/Q0QdQ9
外野に挑戦中の中日・根尾昂内野手(19)に“外野一本化”を猛プッシュする声がチーム内から出ている。

遊撃への強いこだわりを持つ根尾。今季は一軍出場が2試合にとどまり、主に二軍戦でほぼ遊撃しか守ることはなかったが、入団当初から与田監督は「彼が一番輝ける場所を探していく」として「複数のポジションを守れることが非常に大きい。今までやってきたことを継続しながら可能性を広げてもらいたい」との考えで、秋季キャンプから二塁や外野など遊撃以外のポジションも練習させてきた。

23日から台湾で行われるウインターリーグに参加する根尾は、そこで外野の実戦に初挑戦する方針だ。しかし、黄金ルーキーは「荒木さんがそうだったように、外野に行ってその動きから内野に戻ってという考え方もある。今の段階ではやっぱり外野の守備が、自分の動きというか可能性を広げてくれると思って練習に取り組ませてもらっているので、それで一軍で出るチャンスが少しでも広がるのであれば、それはもちろん、プラスなので続けていきたいと思う」と、あくまで外野挑戦は遊撃への肥やしとして考えている。

遊撃へのこだわりについて「今はいろんなところを守ってというのもそうだし、今の自分には必要だと思っている。将来的にはそうですね」と明かした。

ただ、チーム関係者は「中途半端が一番良くない。ウチには遊撃には京田がいるし、早く根尾には覚悟を決めさせるためにも外野専任でやらせた方がいい。将来的には本人の希望する遊撃に戻す可能性も出てくるかもしれないけど、未練を断ち切らせることも必要だよ」と指摘する。

19日にはプロ入り初の契約更改交渉に臨み、200万円減の年俸1300万円でサイン。「思ったようにいかず、ふがいない一年になった。来季は巻き返すというか、取り返す一年にしたい」と意気込む根尾の来季は、遊撃への未練を断ち切れるかどうかがカギになりそうだ。=金額は推定=

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191120-00000025-tospoweb-base
11/20(水) 16:36配信

続きを読む

関連記事